MD-TraC

導入のメリット

医療材料IoTプラットフォーム『MD-TraC』の導入によるステークホルダーのメリット

医療材料IoTプラットフォーム『MD-TraC』により風上から風下までの医療材料の流れ(発注、輸送、在庫、使用)を可視化することを通じて、ステークホルダー全員(メーカー様/ディーラー様/医療機関様)にメリットを創出します。

医療材料サプライチェーンの課題

医療材料サプライチェーンは、預託販売形態(長期貸出・短期貸出)での商取引が主流であり、その過程において多くの人手作業(棚卸、使用実績確認、市場在庫の把握など)が発生しています。
一方で、人手作業には多くの労力とコストが発生し、さらに対面作業は新型コロナウイルス(COVID-19)等の感染症のリスクになることから、各社における個別最適の追求ではなく、サプライチェーン全体の最適化が求められています。

医療材料サプライチェーンの課題

MD-TraC導入後の医療材料サプライチェーン

1.人手作業と機械を利用できる作業と分離
医療材料IoTプラットフォーム『MD-TraC』はRFIDタグで医療材料を管理。 医療材料管理で必要となる人手作業を「人にしかできない作業」と「機械を利用できる作業」に分離し、「機械を利用できる作業」を『MD-TraC』に置き換えることにより、働き方改変革を促進します。

2.運用中のシステムと連携
『MD-TraC』のデータは、現在運用中のシステム(ERP/販売管理システム等)との連携が可能。 このデータ連携によって、在庫管理業務等の効率化に留まらず、働き方変革を通じた付加価値の創出と経営判断への活用を支援します。

MD-TraC導入後の医療材料サプライチェーン

導入メリット

課題 メリット
メーカー様 商品棚卸、市場在庫の把握が人力で負担大 各商品の流通状況や保管場所、商品の使用実績をシステムを用いて把握することができるため、受発注業務や商品の棚卸を効率化することができる。
滅菌期限切れによる廃棄ロスが経営課題 商品ごとの滅菌期限や使用状況が可視化されるため、期限切れ対策や生産計画に活用できるようになる。
ディーラー様 納品時の検品作業、預託在庫の棚卸作業が紙ベースの手作業が多く煩雑 商品納品時の検品作業、預託在庫の棚卸し作業が簡易化されるので、創出した時間を治療法・最適商品の提案等にあてることができる。
医師/看護師/臨床工学技士へ使用実績確認を実施する際に、手作業や対面業務が多く負担大 実績情報をシステムから複数人で共有し、より正確に使用実績を確認できるようになる。
医療機関様 用度課、医事課での使用確認・請求行為が紙ベースの手作業が多く煩雑 将来的にプラットフォームの情報と院内の患者情報を連携することで、使用した医療材料と患者情報が紐づきデジタル化される。 その結果、用度課、医事課での使用確認・請求作業が簡易化される。

MD-TraCの目指す姿

将来的に『MD-TraC』は各システムのデータを連携するハブとして機能し、ステークホルダーが社内外の情報を組み合わせて付加価値を創出する支援を行います。
この仕組みを普及させ、相互補完・協業による業界全体の最適化に貢献していきます。

MD-TraCの目指す姿

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ 050-5546-9287

(受付時間:9:30~18:00 土日祝祭日・年末年始を除く)

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ md-tracsales@am.nttdata.co.jp